ホーム > 【趣味・日記】 > 退院の日が決まりました☆

退院の日が決まりました☆

リハビリ入院していた祖母の退院の日が決まりました。今週末です。

今日は入院している病院で面談があって、退院の日を決めたり、退院後の生活の事を決めたりするために、病院のスタッフが5名、ケアマネージャーさん、介護用品レンタルの業者さん、デイケアやショートステイに通う施設のスタッフ2名、朝と晩に来てもらう介護業者さんから3名…と、驚くほど大人数での話し合いが行われました。

話し合いはケアマネージャーさんが仕切ってくれたのですが、もう何年もお世話になってる方で、こちらの事をよく理解してくれているので私から何か言う必要もなく、テキパキと退院後の事について病院スタッフや業者さんとやりとりをして決めてくれました。

介護費用についてもできるだけ負担が少なくなるように、いろんな制度を紹介してくれます。

優秀なケアマネージャーさんがいるのといないのとでは介護の負担(精神的・体力的・金銭的な)が全然違ってきますね。愛犬仲間のあるお宅も別のケアマネージャーさんがついてくれているそうなのですが、最低限のことだけやってくれる感じで、頼りにはならないそうです。我が家はその点で幸運だったなと思います。

しかしまあ、脳梗塞はホント突然来るし、症状の程度にもよりますがそれまでの生活がガラリと変わることを強いられるし、いろいろ金銭的な負担は増えるしで、本人も周囲も大変な苦労をする病気なので、そうならないように予防する生活を心がけてください。いやほんとマジで。

ウチの場合は80代の祖母がかかりましたが、20代とか30代でも脳梗塞にはなるそうです。不規則な生活、偏った食事、喫煙などは厳禁ですよ☆

 

イメージ7052

ちょうど半年の間、1階で1匹だけ寝ていた愛犬ですが、もうすぐ寂しくなくなりますね。

長い入院生活のせいか少し精神的に不安定な祖母ですが、愛犬が癒してくれる事でしょう。

 

広告
カテゴリー:【趣味・日記】
  1. クロミミ
    2015年8月19日 1:49 PM

    父も数年前に脳梗塞になって左半身がやや不自由になったもののなんとか自力で歩行出来るくらいまでには回復しました。
    それでも家族にとっては結構負担がかかるので大変さはある程度わかります。
    手をかけたくないからあまり動かなくなる→筋肉が衰える→さらに動けなくなる→手をかけたくないから~って負のスパイラルになるんで、本人が嫌がっても動けるうちは本人にさせるようにしたほうがいいかなぁ…と、今の父を見ての感想です。
    デイケアは家族の負担がかなり軽くなるので本人が嫌がらなければオススメします。
    うちは嫌がってすぐに行かなくなっちゃいましたけど…

    • 2015年8月19日 5:40 PM

      自力で歩行できるのはうらやましいですね。
      祖母も病院へ向かった時にはまだ手を貸せば歩けたのですが緊急入院から数日状態が悪化し続け左は見た感じでほぼ絶望な感じでした。リハビリ用の病院へ転院した時のことを思えば、車椅子からベッドへの移乗とかが自力でできるようになった今は「見違えた」という感じですね。精神的な落ち込みも酷かったですし…。祖母は元々デイケアに楽しく通っていた事もあり、再び通えることを大変喜んでいて「毎日でも行きたい!」と最終面談で言い出し、ケアマネさんと私が「それじゃ疲れてしまうから(汗」とまずは週3日という事で納得させた次第です(笑

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。