ホーム > 【趣味・日記】, 【介護】 > NHKスペシャル

NHKスペシャル

昨夜のNHKスペシャルは「介護殺人」について取り上げていました。

介護殺人を犯してしまった人がインタビューに答えて、行き着くところまで行ってしまったその過程を語っていましたが、番組全体的には「だから何?」でしたね(笑

いや、もちろん介護殺人は悲劇だし、深刻な問題だとは思うのですが、番組内で「こんな事にならないためにはどうするべきか」みたいなのはほとんど無かったような。それこそ「悲惨な体験談」ってだけでした。

もう少し何か問題提起というか、社会に向けて介護の問題にみんなで取り組もうよ的なものがあるのかと思って観てみたのですが、その意味では期待はずれだったかなー…。

私も自分が今まさに介護生活の只中にあり、介護についていろいろ書いてきましたが、やっぱり大切なのは周囲の支えです。たとえば息子、たとえば娘、あるいは兄弟姉妹などの身内が「介護されている人」ではなく「介護をしている人」を支えること。

たとえば長男が母親の介護をしているとしましょう。他の次男や長女次女などは頻繁に長男の様子を見に行き茶飲み話をするだけでも違います。もちろん機会があれば一緒に外食に行くとかもいいでしょう。「面倒だから関わらずにいよう」などと考えて距離をとっていると介護を担当している人間は知らない内に孤独感を深め、悩み、病んでいってしまっている場合もあります。なのでできるだけ関わっていってあげる事は大事だと思いますね。

Twitterでは介護殺人について「国の制度が悪い」とか「政府が」とか言ってる人もいました。当然、公的な支援の制度は充実していたほうがいいに越したことはないのですが、介護する人間の心のケアについてはまず身内などの周囲の人間の力が必要だと思います。面倒なことには関わりたくないから国や政府がなんとかしろ、みたいなのはちょっと違う気がするんですよね…。

 

P7010004

我が家では遠方に住んでる弟はまあ無理としても、妹たちも今はあんまり顔は出しませんねw それでも介護始めた頃は心配してちょこちょこ顔出してくれてたので結構助かったですけどね、精神的に。

今一番心を慰めてくれるのはやはり愛犬ですね。疲れていても愛犬の呑気な寝姿とか見ると自然と笑顔になるし、愛犬と散歩している時間はそれだけに集中してツラい事は忘れられます。介護する人全員に犬を飼えとかいうのも無茶な話ですけど、介護が必要な体になるのを遅らせてくれたり、介護が始まれば精神的に支えてくれたり気分転換になったりするので、犬を飼うのはオススメかな。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。